内祝いは日用品が無難?

知っておきたい出産内祝いのマナー

子どもが産まれると、家族や友人や親類の方などから出産のお祝いをいただくことが多いと思います。お祝いをいただいた場合、忘れていけないのが出産内祝いを準備することで、お礼の気持ちを込めて渡します。出産後は赤ちゃんを世話することで何かと忙しいものですが、出産後1か月程度を目途に出産内祝いを渡すことがマナーとなっています。
出産内祝いの金額の相場は、いただいたもののおよそ3分の1程度となっていますが、厳密に守る必要は無く目安として参考にするのがよいでしょう。金額に応じて品物を準備しても、相場の範囲内で一律で準備しても良いでしょう。もし何人かでまとめて気軽なお祝いをいただいた場合は、気を使わせない程度の内祝いで準備しましょう。
出産内祝いの品物には、のし紙をつけて渡します。表書きの部分は「出産内祝い」あるいは「内祝い」と入れ、名前の部分には両親ではなく赤ちゃんの名前を記入します。そして水引は、紅白の蝶結びを使います。ギフトの専門店などで品物を準備する場合は、マナーに則ってのし紙も準備してくれます。出産内祝いの品物として人気があるのは、タオルやキッチン用品、赤ちゃんの名前が入った名入れ商品です。ギフト専門店や通販ショッピングなどでは内祝いに相応しい商品が揃っていますから、大変便利です。

送る相手によって異なる内祝いの選び方

子どもが産まれると、出産内祝いをいただき、お返しに内祝いをします。そこで、送る相手によって異なる内祝いの選び方を紹介したいと思います。友達や同僚にお返しする場合にオススメなのは子どもの名入りのお菓子です。食器やタオルなど形に残るプレゼントも良いですが、相手の好みに合わない物を送ってしまうと、せっかくのプレゼントが喜ばれる物ではなくなってしまいます。
そこで、誰もが美味しく食べられるお菓子などの食べ物の方がいいでしょう。また、名入りですと子どもの名前をいち早く覚えてもらうことができますし、パッケージを開けたときの名入れの特別感に思わずかわいい!と感じてもらえること間違いなしです。
次に、親族にお返しする場合にオススメなのは、産まれた時の重さのお米です。親族にとって子どもの誕生は特別です。その特別な瞬間に子どもがどのぐらいの重さで産まれてきたのか、しばらく経ってプレゼントとして届いた時に、その時の事をみんなで懐かしみながらも笑顔で思い出し会話が弾むことになりそうですね。そして両親には子どもの手形や足形の入った名入りの額縁もオススメです。
長く飾ってもらうことができ、その小さな手足は産まれてからぐんぐん大きくなるので、比べると成長を実際に目にすることができます。感謝の気持ちをお返しする内祝いなので、相手に喜んでもらえるプレゼントをして、お互いが幸せな気持ちになれると良いですね。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月28日
内祝いは日用品が無難?を更新。
2017年08月28日
内祝いは事前に準備しておこうを更新。
2017年08月28日
内祝いを送るときは失礼のないようにを更新。
2017年08月28日
どのタイミングが適切かを更新。

カレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31