どのタイミングが適切か

出産内祝いを贈る上で注意すべき3つの事

あまり高価なものと、あまり安いものは送らないようにすること、送る時期を間違えないこと、挨拶状か手紙を入れておくこと、この3つが出産内祝いを贈る上で気をつけるべきことです。このうち、特に気をつけるべきことは内祝いの商品の価格です。
あまり高価な物を送ってしまうと、出産内祝いとの釣り合いが取れなくなりますし、かといってあまり安い物を送ると無礼になります。なので、出産内祝いの半額くらいを目安にして、なにかの贈り物をするのがいいでしょう。もちろん、相手が親しい中であるならそこまで金額にこだわる必要はありませんが、そこまで親しくない人から出産内祝いを贈られることもよくあるので、
金額にこだわっておいたほうがトラブルを避けられることは確かです。ですので、出産内祝いは出産内祝いの半額で、送るギフトはこれにするというように、ルールを定めて機械的にやるといいでしょう。金額の他にも、出産時期から離れたころに、手紙などを入れずに出産内祝いを贈ると、受け取った側が何の贈り物なのかわからなくなるので、
出産してから1か月前後経ったあたりで、手紙か挨拶状を入れて贈ることをお勧めします。そうすれば、相手も出産内祝いのお返しをしてくれたんだと、こちらの意図を認識してくれるので、この辺のことも気を付けておくといいでしょう。

内祝いとして大切なこと

出産内祝いとは、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方へ贈るお返しのことです。最近はフランクになってきましたが、最低限のマナーは守らなければりません。大切なマナーとして贈る品の「金額」が重要になってきます。お祝いしてくれた金額より高価なものはタブーです。安すぎるのもいけません。目安として半額くらいの物がちょうどいいでしょう。そして内祝いを贈る「時期」も大切です。出産後は何かと忙しい時期なので、少し遅れても相手方には失礼にはなりませんが、あまりにも遅いのもいけません。だいたい1ヶ月後を目安にするといいでしょう。
次は内祝いに何を贈るか、すごく悩むところですね。自分達の贈りたい気持ちより、相手方に喜んでもらえる気持ちを優先しましょう。1番贈られて困るものは「趣味の合わない雑貨」ではないでしょうか?相手方は捨てようにも気がひけるし、誰かに譲るにも相手を選ぶし、困ってしまいます。赤ちゃんの名入りのプレートやカップなども控えるべきです。1番無難な贈り物として「カタログギフト」はどうでしょうか?贈る相手ごとに金額も選べますし、贈られた方も好きなものが貰えて満足してもらえると思います。
カタログだけじゃ味気ない、と思われたら一言お礼の言葉を添えるといいですね。内祝いはお祝いしてくれた感謝として品物を贈る習慣です。大事にしたいですね。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月28日
内祝いは日用品が無難?を更新。
2017年08月28日
内祝いは事前に準備しておこうを更新。
2017年08月28日
内祝いを送るときは失礼のないようにを更新。
2017年08月28日
どのタイミングが適切かを更新。

カレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31