内祝いを送るときは失礼のないように

出産内祝いを贈る際のポイント

家族や友人などから出産内祝いをいただいた際に、どのような内祝いをお返しするか考えることがあると思います。そこで今回は、出産内祝いを贈る際のポイントを、以下にいくつかあげてみたいと思います。まずは、基本的なマナーを押さえておくことが大切になると考えられます。例えば、内祝いの相場として、いただいた金額の2分の1から、3分の1程度の金額のお返しをすることや、その時期やなどについて、事前にしっかりと把握しておくことが大切です。
また、内祝いの内容については、周りで実際に内祝いを贈ったことがある家族や友人などにアドバイスをもらったり、インターネットで口コミを調べたりすると良いかもしれません。
もちろん、出産内祝いを贈る一番の意味は、相手への感謝を伝えることだと思いますから、メッセージカードを添えるなど、十分に感謝の気持ちを伝えることが大切だと考えます。以上のように、出産内祝いを贈る際のポイントをいくつか挙げてきました。いわゆる内祝いを贈るタイミングは、出産の他にも、新築などいくつかのライフイベントごとに起こり得ます。基本的なマナーを把握しながら、相手への感謝の気持ちを伝えることが、大切になるのではないかと考えられます。

大丈夫?出産内祝いでのマナー

最近では、昔ほど細かいルールがなく、出産内祝いを貰った方にお返しするのが一般的になっています。そこで気を付けたいのが出産内祝いのマナーです。これからたくさんお世話になる方たちには、失礼のないように対応しなければなりません。そこで今回は出産内祝いのマナーについて、解説していきたいと思います。
【金額の相場】
これが悩むものですが、金額の相場は頂いた物や金額の半分位から三分の一が目安です。また内祝いは生後1ヶ月頃には用意して贈るといいでしょう。遅くても2ヶ月以内には済ませてしまいましょう。
【どんな物をプレゼントしたら?】
人によっても変わっていきますよね。相手にあわせて贈るといいです。年配の方には、それ相応のものを選ぶようにしましょう。しかし、全く分からないなんてこともありますよね?そこでオススメなのが、カタログギフトです。カタログギフトは自由に決める事が出来るので無難です。また値段別のカタログギフトもあるので、そういうのを選ぶといいでしょう。
【まとめ】
いかがでしょうか?この様に出産内祝いは、なかなか難しいです。やはり無難な贈り物をしたいのであれば、カタログギフトが一番いいかもしれません。その他にもあまりにも高価すぎるのもいけないので注意しましょう。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月28日
内祝いは日用品が無難?を更新。
2017年08月28日
内祝いは事前に準備しておこうを更新。
2017年08月28日
内祝いを送るときは失礼のないようにを更新。
2017年08月28日
どのタイミングが適切かを更新。

カレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31